富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

夏血栓とお血と流産予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症と夏血栓の話で、

先日TVでDr.が、「水分の摂り方が急すぎると(いっきにゴクゴクと飲むと)

血栓ができやすくて、脳梗塞や心筋梗塞になりやすい。今年の夏は特に暑いので、例年よりもそういう方が増えている」

と言っていました。

夏血栓になると、流産にもつながりやすいです。

いまの時期は、脳梗塞や心筋梗塞だけでなく、流産もとても多い時期です。

予防には、お水やお茶を飲む時に

塩分を少しとるといい。お味噌汁などもいい。

と内科の先生が言っておられました。

この点については経口補水液ならさらにいいです。

漢方では、いっきにゴクゴクと水分を摂ると

細胞内にまで水分がいきわたらなく、血管内も水分不足になって、お血(血液ドロドロ)になりやすくなると

考えます。お血になると流産もしやすくなるので

水分補給はこまめに。

 

くちびるが乾いたら、

ひとくちゴクリ。をこころがけましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31