富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

子宝と果物 part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
先日、ベビ待ちの方の果物を食べるうえでのポイントを紹介させていただきました。

今回は、そのポイントの1つ目の

1、糖度の高い果物は避ける

について、少しご紹介致します。

昔の果物に比べ、今の果物の方が甘く感じるようになったと感じている方も多いはず
昔はミカンもリンゴもとても強い酸味を感じていませんでしたか?
今はミカンもリンゴも大きくなり、甘くなり、酸味はあまり感じないと方もいると思います。
品種改良により、糖度の高い果物が多くなっているというのも理由の1つだと言われています。
また、糖を多く含む食べ物が体内に入ると、
その糖を処理するために、大量の胃酸が出て、胃腸に負担がかかりやすくなります。
胸やけを起こし、胃壁の慢性炎症を作りだす場合も
胃腸に負担をかけるということは、近くに位置する子宮にも負担をかけているということです。
糖度は、原産地、製造方法などでも若干異なるので、一概には言えませんが、
糖度が高いと言われている果物の一部をご紹介致します。


ぶどう
メロン
りんご


など…

子宮を守るためにも、糖度の高い食べ物は控えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930