富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

動養生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NKJ56_aozoraran-thumb-autox600-15474[1]

こんにちは。

 

漢方薬房こうのとりでは、妊娠できるカラダ作りをするうえで、漢方の服用と共に、生活習慣の面(食事、適度な運動)での管理も治療の一部だとお話しています。

 

漢方では、ほどよく運動することを「動養生」といいます。

運動することで自立神経を調節します。

 

自立神経が乱れていると、肩こり、頭痛、腰痛、倦怠感、疲労が強い、耳鳴り、めまい、のぼせ、無気力、イライラ、胃腸の不調など、いろんな体の不調が起こります。

多くの病気の原因の1つが自立神経の乱れからきているそうです。

このような不調は当然妊活の邪魔をしています。

 

適度な運動といっても、まとまった時間がとれない!運動が苦手!という方に簡単な自立神経を整える方法をご紹介します。

腹式呼吸という呼吸法です。みなさん1度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

正しい複式呼吸法

▽背筋をピンと伸ばし、方の力を抜き、お腹をへこませながら中に入っている空気をすべて吐きます

(口をすぼめて「ふ~」ではなく、「はぁぁ~」と吐くイメージ)

▽お腹をゆるめて、鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、お腹に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。鼻で息を吸った時のお腹のふくらみの感覚をつかんだら、今度は口から吸います。

吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。

 

これを1日約5分繰り返しましょう。

血の巡りが良くなり、細胞が活性化し、内臓の働きを高め、自律神経が整います。
ぜひ習慣にしてみてください☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031