富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

妊娠しやすい食生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOU_DSC_0834-thumb-815xauto-12458[1]

こんにちは。

 

健康と食生活は密接な関連があります。

妊娠力と食生活にも関連性があり、食事に気をつけることでホルモンの状態が整い、排卵障害が少なくなることが科学的にわかっています。

 

妊娠しやすい食生活に関してはぜひこちらを参考にしていただきたいです。

 

  1. 全粒粉など、精製度の低い穀類を選ぶこと。食後の血糖値を急激に上げるような精製された炭水化物は減らす。
  2. オリーブオイルのような不飽和脂肪酸を多くとり、加工食品やファーストフードなどに含まれるトランス脂肪酸は避けること。
  3. 牛乳、ヨーグルト、アイスクリームは無調整のものにし、スキムミルクやカッテージチーズ、フローズンヨーグルトなどの低脂肪乳製品の摂取回数を減らすこと。
  4. 植物性タンパク質を多くとり、動物性タンパク質を減らすこと。
  5. 水を十分に摂取すること。コーヒー紅茶は控え目にすること。砂糖入りの清涼飲料水は飲まないこと。
  6. 色の濃い野菜や果物をしっかりと食べること。葉酸や鉄分が豊富です。
  7. 外食時のメニュー選びの基本は「ご飯、おかず、野菜」、どうしても麺類だけで済まさざるを得ないという場合は、サイドメニューに野菜サラダや煮物をとること。ファーストフードは避けましょう。
 妊娠しやすい食生活(マグロウヒル・エデュケーション)より引用

 

どうですか?今日から取り入れれそうなものはありますか?

一度に食生活を変えることは難しいですが、これらを念頭におき、徐々に習慣にしていけると良いですよね。

お腹の中の赤ちゃんはあなたが食べたもので育ちます。

そう考えると自ずと体に優しく、栄養価が高い食材を選びますよね。

妊娠しやすい体を作り、いざ妊娠できた時にもしっかりと赤ちゃんの成長を維持できる体を作っておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31