富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

着目したい”おりもの”の状態

生理の状態と同じぐらい着目したいのが、“おりもの”の状態。

おりものの状態から、子宮をとりまく状態がどうなっているのかを深く知ることができます。

 

分泌が盛んになる時期、色、量、におい、などセルフチェックしてみましょう。

 

おりものをチェックするときは、基礎体温を記録しておくと便利です。

排卵に合わせて、おりものの増加など、自分なりに把握できるのもいいですね。

 

通常おりものは、透明から乳白色の状態です。

常に色が褐色っぽい場合には、子宮内膜症や不正出血、ホルモンバランスの乱れが原因ということも・・。

漢方での対処として、血液力をつかさどる「肝」を養い、ホルモン力をつかさどる「腎」を養ってあげることが大切です。

 

気になる方は、お早めにご相談くださいね。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2016年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031