富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

妊娠に不可欠な“精”を補うもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、不妊症のカップルが増えています。

「原因不明」や「加齢」など、体質や体力の低下といった、ただ単に不妊治療をするだけでは対処しきれない状態が多くなっています。むしろ、そのような場合には不妊治療をすればするほど結果的に長期化してしまう様子もみられます。

この「原因不明」や「加齢」等の要因は、男女共にあります。男性も35歳を過ぎると加齢の影響が出始めます。

 

本来、生命を生み出すには、カラダ本体が生命力に満ちている状態が必要です。この生命力の源を“精”といいます。

 

漢方では、動物性生薬が“精”をしっかりと補ってくれます。

動物性生薬を服用した実感としては、「体がより元気なる!」といったイメージです。“精がつく”という言葉の通りです。

 

妊娠には「生命力=精」が不可欠です。妊娠力を高めたい!という方は、ご相談ください。

お客様の状態に合わせてご提案いたします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031