富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

心と血管の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心は体とリンクしており、心のバランスが崩れると、同時に体調にも不調が出てくる場合が多いです。

漢方では、「心」が五臓六腑を統轄していると考えます。

過度のストレスがあり、心に負担がかかっている状態だと、それぞれの臓腑に本来の働きが見られず、初期段階では、動悸や、不眠、胸苦しさを伴う場合があります。

 

さらに、心は血管と関連が深く、心は血液を循環させ、脈の働きをつかさどる主要になります。

もしも、心と血管の働きが衰弱すれば、血液の流れが悪くなり、顔本来の色調を失い、青白い顔色に見えます。

そして、血液の流れが悪くなること(お血)は、不妊のリスクの1つです。

 

漢方では、心のバランスを大切にし、心のバランスが整うことは、血液の巡りの良い状態にも繋がると考えます。

 

妊活中に、思い悩むことが多く心に負担をかけていると思われる方、ぜひ漢方薬房こうのとりに、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2020年8月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31