富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

夏場の基礎体温の乱れと対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特に7月下旬から9月上旬にかけては、猛暑の影響で人によっては基礎体温の乱れ(体温の低下や上昇)に繋がることもあります。

今年は各地で30度超えなど、すでに真夏日を記録していますね。

 

暑さは体力消耗につながり、排卵・生理などのカラダのバイオリズムを乱します。

こういう時は、カラダ全体の健康状態を見直しましょう。

 

たとえば、睡眠時に冷房をつけたままの部屋で眠っていて、朝起きると“体が寒い”といったことはありませんか?基礎体温にダイレクトに影響します。適度な温度管理が大切ですね。

反対に、暑くて熟睡できていなければ、基礎体温も睡眠不足型に。さらに体に熱がこもってしまい、スムーズな排卵を妨げることも。

 

カラダ全体の調子が、基礎体温やスムーズな排卵に影響します。

体調管理が最大のポイントになってきます。

 

不安のある方は、お早めに対策しておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2020年8月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31