富山の漢方薬房こうのとりは、妊娠したいあなたを全力でサポート。お一人おひとりの悩みに真剣に向き合います。

体外授精と漢方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“不妊治療では体をいじめてるように感じてしまいました。”

 

かつての体外授精を振り返り、発せられたお客様の言葉に、治療の最中だからこそ心と体を労わり、そっと寄り添ってくれるものが必要だと感じました。

 

西洋医学の不妊治療の前線である体外授精と漢方での体質改善を同時進行されている方々が増えつつあります。

 

体外授精は高額な費用がかかり、女性の体に負担をかけることが多く、排卵誘発剤をはじめとする多くのホルモン剤による副作用の心配もあります。

 

漢方では、そもそも1ヶ月に1個の卵しか作らない卵巣に一度に複数の卵子を作らせることはかなりの消耗になると考えています。毎回複数の卵子を作っていくうちに卵巣は疲れ、だんだん良質な卵子を作れず採卵が困難となることもあるようです。

こうなれば子宮内膜もなかなか厚くならず、高温期の上昇が遅れ、期間も短くなり、卵を戻しても着床せずに失敗を繰り返すことも。

 

不妊治療においての漢方の役割は疲労しがちな卵巣を補い、体調を整えることです。

少ない治療で、できるだけ体と心に負担をかけずに妊娠にたどり着けるよう、漢方薬房こうのとりは誠心誠意サポートさせていただきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930