北日本新聞社が運営する「マイベストプロ富

0800-555-1029

新着情報
お知らせ

北日本新聞社が運営する「マイベストプロ富山」に掲載されました。

富山県の頼れる専門家・プロを紹介する地域密着型のWEBガイド、マイベストプロに、
弊社スタッフが「漢方&食生活指導で、妊娠へと導く不妊治療のプロ」として掲載されました。
 

 
富山市民病院の向かい、テナントビルの2階にある漢方薬房「こうのとり」は、不妊に悩む女性たちのための薬局・相談室です。ここは同じビル内で調剤薬局「富山総合薬局」を営む(有)クリニカルファーマシーが2014年1月、不妊治療専門の薬局として開設。「心と体、双方のバランスを整え、本来持っている自然治癒力を高めていく」という東洋医学、漢方の考えをもとに、妊娠しやすい体づくりに向けたアドバイスや漢方薬の処方を行っています。関口さんは、ここの専任カウンセラーとして、不妊に悩む多くの女性をサポートしています。
 
関口さんは、岐阜女子大学家政学部 健康栄養学科を卒業。そこで取得した管理栄養士の資格を生かし、ドラッグストアに入社して食事改善やダイエット指導に従事。その間、医療事務資格も取得しました。その後、管理栄養士と医療事務の資格をさらに生かせる仕事を求めて、(有)クリニカルファーマシーに入社。漢方治療の知識と経験を積み、漢方薬房「こうのとり」の立ち上げに参画しました。
 
近年は不妊治療の技術が進歩していますが、不妊治療が長引けばそれだけ経済的負担が大きくなり、心と体のダメージも大きくなっていきます。精神的に追い詰められ、子宮や卵巣も疲れた状態で何度、人工授精しても妊娠に結びつかないという"負のスパイラル"に陥っている女性もいます。
 
「こうのとり」が勧めるのは、漢方薬を服用しながら体質改善に励み、「妊娠力」を高めるというもの。即効性はありませんが、早い人で2から3週間で体調変化が期待できます。これまでの治療データでは、年齢や体質、体外受精との併用など個人差はありますが、6割以上の人が1年以内に妊娠しているそうです。

不妊の悩みを抱える女性は増えています。しかし、デリケートな問題なので相談しにくい女性も多いようです。 「こうのとり」では、そんな女性をプライバシーに配慮した完全個室体制のカウンセリングを行っています。初回は1時間ほどゆっくりと時間をかけてカウンセリングをした上で、原因を見極め、最適な対処法を提案します。「3カ月ほど前に来店された30代の女性は、人工授精に5回失敗して憔悴しきっていました。しばらくは婦人科の不妊治療を休止して体質改善をしましょうと、漢方薬の服用と食事改善・生活改善を促しました。そうしたら、2カ月後には自然妊娠できたんです!」と関口さん。
 
「体にいいと思って食べていたものが、実は体を冷やす原因だった」など、関口さんのお話をうかがうと、今まで知らなかったことや、意外な体のメカニズムの話など、妊娠力を高める様々な学びがあります。「赤ちゃんがほしいのに、なかなか」と思っている女性は早速、お電話で予約を。妊娠にポジティブな心と体を手に入れましょう!
 
▼続きは「マイベストプロ 富山」ウェブサイトで見ることができます。
http://mbp-toyama.com/kounotori/

「漢方薬房こうのとり」へ、
お気軽にご相談ください。

不妊相談、子宝相談

  • 0800-555-1029
  • 富山県富山市総曲輪3-9-29 ユウタウン総曲輪ウェスト棟1F

「漢方薬房こうのとり」は、心と体のバランスを大切にします。
~働くあなたに便利なランチタイム相談(12:00-13:00)も実施中~

お仕事などで来店やその他の時間帯のご相談が難しいあなたのために、2回目以降はお電話での相談を受け付けております。

子宝相談のご案内はこちら

pagetop